雪肌ドロップ,口コミ

目の日焼けも実は危ない件

 

 

紫外線を防ぐべきは、お肌だけではダメなんです・・・。

 

9月に入り、夏の猛暑と強い日差しはひと段落しました。サングラスに日傘はちょっと大げさだし、日焼け止めだけ塗って買い物に行こうかな・・・、と思ったあなた、ちょっと待ってください!

 

日焼け止めを塗りたくって必死にお肌を守っても、目の紫外線対策を怠ると、目の充血や濁りだけではなく、白内障まで引き起こす可能性だってあるんです。

 

紫外線がシミやしわなどのお肌の老化のを招くことはよく知られています。その延長で頭皮が加齢し薄毛を招くことを知っている人も少なくはないかと思います。では目についてはどうでしょうか??

 

目の表面の角膜を傷つけ、さらに一部は角膜からさらに奥に入り込み、水晶体や網膜にまで届いて障害や病気を引き起こすことは、もしかしたらあまり知られてないです・・・。

 

お肌と違ってむき出しで外部にさらされた目は無防備になりがちで、直接紫外線のダメージを受けやすいです。日本人は欧米人に比べて瞳の光彩の色が濃いので、まぶしさを感じにくいのですが、まぶしくなくても、目は確実に紫外線を取り込んでいます。

 

日差しの強い7月8月はサングラスや日傘などで対策をしている人もも、9月以降になると気にしなくなる人が多いです。しかし、9月が一番危ないのです!

 

紫外線は1年中、半曇りの日でも目に入ってきます。紫外線の量が真夏と同じくらい多いのに、油断しがちな秋こそ気をつけるべきなのです。

 

 

紫外線による目の病気は2種類

紫外線による目の病気は、大きく分けて急性障害と慢性障害の2種類があります。

 

急性障害はお肌の日焼けで、皮膚の皮がむけて痛くなるのと同じです。強い日差しにあたると充血したり、紫外線角膜炎といって、目の表面がむけて「びらん」ができて強い痛みが伴います。

 

こういった日焼けを繰り返していると、慢性的な障害につながっていきます。

 

白目に黄色いシミのようなものができ、白目の端に突起物ができる瞼裂斑(けんれつはん)になります。ゴロゴロと異物感があったり、充血したりという症状がでます。

 

また、見た目が白目が濁り、どんよりとした暗い印象になってしまいます。そして、進行すると最悪のケースですと、失明してしまうこともある白内障を招いてしまう可能性も・・・。これは目の中にある水晶体というレンズが、紫外線によって酸化して濁ってしまう病気です。

 

水晶体はたんぱく質でできています。普段は水晶体に含まれるビタミンCなどが酸化を抑えているのですが、紫外線によってビタミンCが酸化されると、水晶体内のたんぱく質も酸化された老眼や白内障になりやすくなります。

 

白内障の要因としてはたばこや糖尿病など紫外線以外にもありますが、紫外線を多く浴びていると若い内にかかりやすくなり、早いと40代でなってしまいます。

 

近年、いろいろな研究データで紫外線と目の病気の関係は明らかになっていて、例えば紫外線の強いマレーシアと、北海道で比べると、圧倒的にマレーシアの方が若くして白内障になる人が多いというデータがあります。

 

また、白内障のほかにも紫外線による目の病気は多いです。白目の結膜が黒目に入ってくる翼状片(よくじょうへん)は、目の中心に入ると視力に影響するので手術しなければいけなくなる場合もあります。網膜の中心に異常が生じる加齢性黄斑変性も、進行すると失明の可能性があります。実際に失明の原因で3番目に多いです。

 

 

朝夕の斜め40度からの日差しが一番危険!

健康と美容のために紫外線から目を守ることは必須です。特に注意が必要なのが、太陽の位置が低い朝と夕方になります。

 

昼は頭上から降り注ぎますが、朝や夕方は斜め40度くらいの角度から直接目に紫外線があたります。室内にいるからと安心しがちな車の運転中も、正面から日差しが入るのです。なので、サングラスをかけて紫外線を遮断することが大事になります。

 

特別高いものでなくてもいいので、UVカットがほどこされたサングラスをかけましょう。特に朝夕は必須で、ベランダに出る短時間でもかけたほうがいいです。コンタクトなどによって目が傷ついているときは紫外線を普段の3倍ほど取り込んでしまうので、より注意が必要になります。

 

選ぶポイントとしては、レンズの色が暗いものは瞳孔が開き、紫外線を取り込みやすくなるので、暗すぎないものを。また、レンズが小さいと横から紫外線が入ってしまうのでレンズが大きく顔にフィットしたものがおすすめです。

 

外で過ごす時間が長い子供も常に紫外線の危険にさらされています。実際に、瞼裂斑(けんれつはん)は小学生3年生くらいから出始める場合もあります。ただ、子供にサングラスは現実的ではないので、UVカットレンズのついためがねがおすすめ。

 

サングラスと違って横から少し紫外線が入りますが、レンズ自体の効果は同じです。めがねの機能は視力調整だけではないのです。紫外線から目を守る道具として使いましょう。コンタクトの人は、UVカットのソフトコンタクトレンズを使うようにしてください。ツバが7センチ以上の帽子を併用するとさらに効果的です!

 

 

当サイトでご紹介している「雪肌ドロップ」は飲む日焼け止めとして大変話題となっています。目の病気が不安な方は是非一度お試ししてみてはいかがでしょうか^^